ドイツでの生活

ワーホリを利用してドイツに来ました。1年間のドイツ生活について書いていきます。

夕食を食べながら考えたこと

 

私が今まででしっかりお付き合いをした人は、現在の彼氏を含めて2人です。

 

 

そして、これまでで私の料理を1番おいしそうに食べてくれたのは、その2人のうち高校時代に付き合った彼氏です。

 

 

高校1年生の夏付き合い始めて、初めてのデートが彼の誕生日でした。私は桃のタルトを父に手伝ってもらいながら(父には彼氏のために作っているとは言わず)一生懸命作り、直径20cmくらいの割と大きなタルトを持って行きました。サプライズで作ったので、渡したときはとても喜んでくれましたが、暑さでカスタードがドロっととけはじめ近くの公園で急いで食べました。彼はおいしいおいしいと言ってお腹が一杯にも関わらず、もりもりとほぼ全て食べてくれました。

 

付き合う前に行ったデートでも、浜辺で花火をして、海岸沿いに2人並んで座り話をしていると、遠くで行われている花火大会の花火が見え、とてもロマンチックでした。

 

その後は結局お別れすることになりましたが、彼のおかげで最高の青春を送ることができました。

 

 

さて今日、今現在お付き合いしている彼氏に夜ご飯を作りました。彼はドイツ人ですが私はドイツ料理より日本料理の方が自信があるので、和食を作ってみました。

彼は「おいしい」と言ってくれました。

しかし、そんな彼は基本、食に厳しいです。

「おいしい」を何度も言うときはとてもおいしいとき。「おいしい」を1度言うときはおいしいとき。なにも言わないときはふつうの時だそうです。

 

彼の母親は料理上手で、彼は何かにつけては母親の手料理を恋しがっています。また、従兄弟の恋人の料理もよく評価していて「あの人は料理が上手」と絶賛しています。

斯く言う私は彼に絶賛されたこともなければ、私の料理を恋しがられたこともありません。

 

私は彼に料理を振る舞う度に、自信がなくなり他の人と比べてしまいます。そしてほかの人に嫌悪感を抱いてしまうのです。

そんな時、高校時代の彼氏が美味しく食べてくれたことを思い出し追想にふけるのでありました。

 

 

しかし、ふと思うことは、過去ばかり見るより今後どうするか考えるべきだということです。

本心は、今の彼氏に私の料理をおいしいおいしいと言って食べてもらいたい。だから、彼の母親や従兄弟の彼女と比べず、自分の料理の腕を上げるべきなのです。そして、ずっとやらないでいる、ドイツ料理にも挑戦するべきなのです。

 

 

 

以上、夕食を食べながら過去に思いを馳せたが過去を振り返っても仕方がない、今をどうするかだ、と考えた話でした。

ジャコランタン作り♪

おはようございます。

 

もうすぐハロウィンですね!

10月上旬くらいにスーパーでは大きなパンプキンが1個約5ユーロで売られ始め、ジャコランタンをつくる早く買わないと形の悪いものしか残っていない!ということになるんだそう。

 

事実、私たちが買ったパンプキンも形がいびつでした汗

形のいいものは腐っている部分もあったので、いびつだけど腐っていないものを購入。

 

よいしょ。

f:id:yoshyosh03:20171028080342j:plain

 

よいしょっと

f:id:yoshyosh03:20171028080350j:plain

 

 

よいしょっと

f:id:yoshyosh03:20171028080405j:plain

 

 

完成~!!!!

f:id:yoshyosh03:20171028080417j:plain

 

 

最近急に寒くなったので、風邪をひかないように気をつけます~

 

 

 

シナモンロールを作ってみた!

こんにちは。


ドイツに来てから料理はもちろんお菓子作りもたまにするようになりました。

ドイツのオーブンは大きいので、ケーキやマフィンも作りやすい!


そんな昨日は、日本にいた時から好きだったシナモンロールを作ってみることにしました。

シナモンロールはアメリカで生まれたパン(お菓子?)で、私のドイツ人彼氏は食べたことがないと言っていました。



こっちの小麦粉は強力粉・薄力粉などという種類分けではなく、Type405・Type550など数字で分けられています。私はドイツに住んでいる日本人の方のブログを参考に、405は薄力粉、550は強力粉として使っています。



シナモンロールには550の小麦粉を使いました!家にめん棒が無かったので、生地を伸ばす時には空き瓶を使って伸ばしました笑


下の写真がオーブンで焼いている時の写真です。

右の列の2つがこの後、あれにしか見えなくなってしまいました💩


f:id:yoshyosh03:20171022195630p:plain



見た目が美味しそうになって安心。

f:id:yoshyosh03:20171022195657j:plain



この後アイシング用に粉砂糖を買い忘れたことに気がつき、同じアパートに住んでいる方のところへ行き、ドイツ語で「Kannst du Puderzucker leihen?(粉砂糖を貸してくれませんか?)」と頑張って聞いてみたところ貸していただけました!


私が日本で住んでいた地域では、隣の家の人に調味料を貸してもらうなんてことは一切ありませんでしたが、ドイツでは普通のことのようです。


貸していただいた粉砂糖でアイシング作り完成です!


f:id:yoshyosh03:20171022195729j:plain



ドイツ語で「召し上がれ」は「Guten Appetit」と言うそうです。

フランス語の「bon appétit」と似てますね。



お菓子作りを通して少しだけドイツの文化を知ることができました!



MilchReisの存在


こんにちは。



今回はMilchReisについて書こうと思います。

ドイツに来てから頻繁に日本食を食べていて、困るのは調味料や食材が高いということです。

特にお米はできれば毎日食べたいのですが、2キロで13ユーロなので、週1.2回に食べるのを抑えています。


このことを日本人のお友達に言ったら、MilchReis(ミルヒライス)用のお米を勧めてくれました。ドイツではお米をミルクで炊き、砂糖やシナモンで味付けして食べるミルヒライスという食べ物があり、

それ用のお米がスーパーでとても安く買えて、尚且つ普通に美味しいと聞いたので、スーパーに行ってみました。


f:id:yoshyosh03:20171021052352j:plain


すると、なんと500g、0.49ユーロで売っており早速買って炊いてみたのですが、、、



やっぱり日本のお米とは違い噛むごとに甘味が出て来ることはなく、炊きたてのお米に透明感がなく私はあまり好きではありませんでした。

ミルヒライスが甘い料理なので、お米自体も甘いのかと思いましたが、何も味は付いていませんでした。



しかし後日、日本のお米と半々で混ぜて炊いてみると全然気にならなかったので、これからはこの方法で少しでも節約できそうです






ドイツの日曜日の過ごし方



今日は。



そろそろ電車通学をやめて自転車通学に変えなきゃと思い始めています。

ドイツの電車はとても高く、私の場合電車で15分ほどの距離でも往復9.35ユーロかかります。

それを平日毎日続けると1週間で7000円ほどなくなってしまうんです。。

雨の日以外は、できるだけ自転車に乗ろうと思います!



さてタイトルにも書いた通り、今日はドイツの日曜日について書きたいと思います。

日曜日はスーパーやほとんど全てのお店が閉まっています。

開いているとすれば、サウナやプールなどです。



ではドイツ人は何をして日曜日を過ごすのでしょうか?



よく聞くのは、家でゆっくり過ごすという声です。

あとは、サウナやプールに行ったり、ジョギングをしたりして過ごすことが多いそうです。



正直日本にいた時と違い、することが少なく困っています笑

先週はプールに行ったのですが、今週はずっと家でダラダラ過ごしました。



ここ数年運動を全然せず、少し走っただけで息切れが止まらないので、この機会に定期的に運動するのもいいかも知れません。




では、これからスーパーに行って買い物します〜

Tschüss!



Palmengarten! 

 

こんにちは。

 

 

だいぶ前ですが、フランクフルトにあるPalmengarten – Pflanzen. Leben. Kultur.

(パルメンガーデン)という植物園に行ってきました。

 

広すぎて、全部見て回ることはできませんでしたが、楽しかったです!

 

 

 

 

 

 

f:id:yoshyosh03:20170911030919j:plain

f:id:yoshyosh03:20170911031006j:plain

 

f:id:yoshyosh03:20170911035923j:plain

 

この広場は、横になれるベッドが置いてあり平日にもかかわらずたくさんの人がのんびり昼寝をしたり、本を読んだりしていました。カモも近くにいて新鮮でした。

 

 

 

 

f:id:yoshyosh03:20170911035954j:plain

 

以下、情報を記載しておきます。

 

<開館時間>

2-10月:9:00-18:00

11-1月:9:00-16:00

 

<入館料>

13歳までの子供:2ユーロ

大人:7ユーロ

団体(20人以上):6ユーロ

 

<最寄り駅>

Frankfurt(M)Taunusanlage 

 

<ウェブサイト>

www.palmengarten.de

ドイツ飯



今日は〜



ドイツに来て3週間、ドイツ飯にも慣れて来ました。



そんな私のある日の食事をご紹介します。




まずは朝ごはん。



朝はパンにサラミやハムをのせて食べるのが日課になっています。


朝起きたら、なんとなく身体がしょっぱいサラミを求めています。中毒です。


パンのお供はホットミルクが好きです。

しょっぱいサラミやハムと、ミルクはよく合います!



f:id:yoshyosh03:20170807074107j:plain




さて、お昼ご飯の写真を、、と思いましたが、今まで一度も昼飯の写真を撮ったことがありませんでした。

いつも適当に食べてます。ちなみに今日は、フランスパンとサラダとソーセージを2本食べました。




この日の夜ご飯は、トルテリーニというパスタを食べました。

サシャ(彼氏)が作ってくれました。



f:id:yoshyosh03:20170807075137j:plain


クリームソースで美味しかったです。




以上です。