ドイツでの生活

ワーホリを利用してドイツに来ました。1年間のドイツ生活について書いていきます。

フランクフルトでラーメンを食べた

 

こんにちは。

 

昨日の夜はフランクフルトにある「むく」という日本食レストランへ彼氏と彼氏の従兄弟と行ってきました。

 

 

私はここの「山あり谷ありラーメン」というラーメンを日本人の友達に紹介してもらってからずっと行きたくて、ようやく行ってきました。

 

 

店内は洋風な感じだけど、壁の素材やランプなど日本を感じさせるインテリアで落ち着きます。

 

f:id:yoshyosh03:20180128061907j:plain

 

f:id:yoshyosh03:20180128062035j:plain

 

 

早速ラーメンと日本酒のぬる燗頼みました。

ここの店員さんは日本人でない方も日本語がペラペラなので、安心してお酒の質問などもできます。

 

ぬる燗がすぐに来て、空きっ腹にお酒が入りすぐにほろ酔い状態になってしまいました。

 

そのあとすぐにラーメン到着〜

ジャジャーン

 

f:id:yoshyosh03:20180128062343j:plain

 

 

このラーメンは豚骨と魚出し汁でできていて、魚介のさっぱりした味だけど豚骨の深みもあってとっても美味しかったです!!

 

他の豚骨ラーメンが極細麺なのに、山あり谷ありラーメンは中太縮れ麺だったのも驚きでした。

 

また、チャーシューが2種類入っていて豚肉のチャーシューは薄く切ってあり脂身が少なくスープのさっぱり加減とよく合う味でした!もう一つの鶏肉のチャーシューもしっとり柔らかくて美味しかったです。

 

 

普段お酒を飲まないので、ぬる燗とビールを飲んだだけで酔っ払ってしまった自分が情け無いです。

ドイツにいるからには、他のドイツ人に負けないくらいお酒に強くなりたいものです。

 

 

今回ラーメンを食べたのは本当に久しぶりだったので、余計に美味しく感じたのかもしれません。笑

 

 

日本の横浜にあるラーメン博物館にも出店しているそうですよ。

 

 

それでは良い週末を!

Schönes Wochenende!

 

 

家でしているドイツ語学習

こんにちは。

 

今日は私が家でやっているドイツ語の勉強方法について書こうと思います。

ちなみに今、語学学校ではレベルB1を勉強中です。

 

日本にいた時も、ドイツ語の本を買って独学で勉強したり、大学の授業を受けたりしましたが、やはりドイツに来てからの方がドイツ語の伸びが早いです。

 

そりゃ、毎日学校に通っていれば誰でも話せるようになるだろって思うかもしれません。

しかし環境を変えるよりも他に重要なことがあります。

 

大学時代に第二言語習得に関する勉強をした時に、1つの事例を知りました。

親の海外赴任でアメリカに住んでいた少年が、アメリカ人の通う学校に行っていたにもかかわらず、英語を全く話せなかったというものです。理由は、英語学習の動機が親の海外赴任という外的な要因で、本人から進んで学ぶ意欲がなかったからです。

 

このことから第二言語習得には、いかに外的ではなく内的な動機が必要であるかが分かります。

 

私自身毎日語学学校に行くと、だんだん勉強する動機を忘れがちになってしまいます。そんな時は、将来の目標を思い出し自分に喝を入れてモチベーションを保ってます。

 

さて、参考になるかは分かりませんが、学校で勉強する以外に私がやっている勉強法をいくつか紹介したいと思います。

 

1.Youtube

この方法はいたって簡単で、ただ見るだけです。

私が英語を勉強するときにも使った方法で、英語がペラペラに話せる友達からYoutuberを教えてもらいひたすら見ていました。

初めは何を言っているか全くわかりませんでしたが、だんだんだんだん耳が慣れてきて英語の場合だったら英文が頭に浮かんで、その英文を脳内で日本語に翻訳しなくても英語として何となく理解できるまでになりました。

そして、ドイツ語の理解力は今発展途上ですが、半分以上は理解できているかなーという感じです。

 

動画選びで大切だと思ったのは、そのYoutuberが自分が興味のある・興味の持てる人であるということです。

 

以下に私が見ている動画を紹介します。

 

Easy German

このチャンネルのいいところは、街頭インタビュー形式でドイツ語の文法はもちろん、ドイツ文化も勉強することができることです。

また、英語の翻訳付きなので会話の内容を把握しながらドイツ語が聞けます。

そして、街頭インタビューなのでドイツ人の使う自然なドイツ語を聞くことができるのもうれしいです。

 

What's your name? | Easy German 216

 

 

 

Learn German with Jenny

 この動画はドイツ語の文法を英語で説明しています。

レベル別で動画を作ってくれているので、学校で勉強した文法で分からないところがあったときに見ています。

 

100+ Essential German Phrases for Beginners - A1/A2

 

 

jasminar

この方は、イギリスに住むドイツ人女性で、彼女の生活を記録しているVlogやコスメについて、あとは日記のデザイン動画を投稿しています。

個人的に彼女の日記のデザインが好きです。また、彼女の家のインテリアや服装に興味があるので見ています。

 
 PLAN WITH ME | Januar Bullet Journal Setup 2018

 

 2.クイズアプリで勉強

私が使っているアプリはQuizletです。

例えば、「German」と検索すると、世界中の人が作ったドイツ語の動詞を集めた単語カードだったり、名詞の単語カードだったりが出てきます。

そして、その単語カードをフラッシュカードのように使って勉強することができます。

 

これは、正直たまにしか使っていません。

 

 

3.日記をつける

 

 

f:id:yoshyosh03:20180127213348j:plain

 

今月から学校の先生が変わり自分の意見を言う機会が増えたり、文法が難しくなったりしたので、練習がてらに初めてみました。

続くかなー

左のページは絵を描いて張り切っていたのに、右のページではレパートリーがなくなったし面倒くさいしで早速アンダーラインのみになりました笑

 あと、ドイツ語で日記を書いていくのに、「Diary」と英語で書いてしまいました。。

 

とはいえ日記をつけることによって少しでも会話力に繋げられたらいいなと思います。

 

 

以上です。

 

ドイツで豆腐ともやしを買った!

 

こんばんは〜

今日は天気が一日中悪く、雨がずっと降っていました。

ドイツでは雨が降っても、大雨でない限り傘をさす人が少ないです。

 

 

さて、先日学校近くにあるビオマーケット(健康食品店)へ行き、もやしと豆腐を買ってみました。

 

f:id:yoshyosh03:20180126022835j:plain

 

 

豆腐は一丁、もやしは80gで、約3ユーロしました。

たけ〜〜汗

 

普通のスーパーだともやしは売っていますが、色がくすんでいたり、ハリがないのであまりお勧めしません。

ビオマーケットのもやしは見た目も味も申し分ありませんでした!

 

一方、豆腐は普通のスーパーで見たことがありません。

かといってアジアンスーパーや日本のスーパーに行くのは遠いので、ビオマーケットで買ってみました。

お味噌汁用にと思ったので、本当は絹豆腐がよかったのですが、木綿でした、、

味は悪くないけど、今ひとつという感じでした。

 

 

これからは、どうしても食べたいと思わない限りは、以上の食材はビオマーケットで買わないと思います。

 

 

以上です〜。

 

年末年始

 

こんにちは、お久しぶりです。

 

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします。

 

年末年始短かったですが、日本に帰り家族と一緒に過ごしてきました。

彼氏も一緒に帰り、私の家族と過ごしました。

 

 

毎年12月31日は家族と従兄弟や祖父母と一緒に、旅館に泊まり皆んなでワイワイ過ごしていて、私は1年の中でもこの時が1番大好きな時間です。

 

 

今回もみんなと楽しく過ごすことができました^_^

 

 

しかし、1日から体調を崩し5日まで熱や咳など辛い風邪が続き、2018年は最悪なスタートでした( ;∀;)

そのせいで、友達と会えず、、

 

これは言い訳かもしれませんが、風邪を引いている間ずっと寝ていたせいで、ドイツに戻っても時差ボケがなかなか治らず慢性的な眠気に悩まされ、鬱に近い状態になっていました。。また、それと同時にホームシックにもなり、最悪な状況でした笑

 

 

そして本来、語学学校が始まる日程に合わせてドイツに戻ってきたにもかかわらず、1週間休んでしまいました。

 

 

なんだかんだで1週間後、彼氏の励ましもあり、重い腰を上げ学校に行くと、初めは久しぶりに聞くドイツ語をほとんど理解できませんでしたが、2日後くらいから耳が慣れて授業に着いて行くことができました!

 

 

生活リズムも改善され、今は再びドイツで生活する自信もついて、本当にひと安心です。

 

 

外国に住むことが、自分が思っている以上にストレスフルなことなんだと改めて気づきました。

6月に姉の結婚式でまた帰国する予定なので、ちょっと不安です。

が、それまでにドイツ語はC1のレベルになっているのでもっとペラペラに話せるはず。だから、ドイツに暮らすことに対してそこまで抵抗はないはず。と、ポジティブに考え邁進します〜

 

 

ずっと暗い内容だったので、明るい話を。

先日彼氏がグーラッシュスープを作ってくれました。

 

 

f:id:yoshyosh03:20180124053249j:plain

 

 

ハンガリーのグーラッシュという料理が、ドイツではスープとして親しまれているようです。

この料理はたくさんの野菜と牛肉を、パプリカの粉末やハーブで味付けしたものです。パプリカの粉末は2種類あり、辛いものと甘いものがあります。

彼氏は甘いものをたくさん入れ、辛いものを1/3ほど入れていました。

 

パプリカは私にとってはじめての味で、ピリッと辛さがあり、コクがあり、とっても美味しかったです。

牛肉は1時間半煮込んでありほろほろで、最高でした。また野菜は出来上がる30分前に入れるそうで、硬すぎず柔らかすぎずちょうど良い食感でした!

 

 

以上です。

 

Weinachten

 

 

こんにちは。

もうすこしで2018年ですね。

 

先日クリスマスマーケットに行った時、お店のおっちゃんに来年の干支を聞かれ、もうそんな時期かぁ時間が経つのは早いな〜と感じました。

 

先週末は彼氏の実家へ行き、クリスマスを家族と一緒に過ごしました!夜ご飯が最高に美味しかったです。

 

ドイツでは24日のイブがクリスマスだと考えていて、この日の方が25日よりも大切だそうです。

 

本当は前菜があったのですが、撮り忘れてしまいました、、

 

彼氏のお母さんが作った焼き鮭はバターを入れて焼いてありとても美味しかったです。

ごはんも隣に装ってあり、魚に合いました。

 

f:id:yoshyosh03:20171228090138j:plain

 

 

そして、みんなでプレゼント交換をした後にデザートのアイスやアップルクランブルを食べました。

 

f:id:yoshyosh03:20171228091016j:plain

 

前菜とメインディッシュを食べ終わった頃には満腹だったので、デザートが入るスペースはなく、少し残してしまいましたが美味しかったです!

 

 

 

少し話が変わりますが、彼氏の父親は狩猟を趣味でしています。

私が初めて遊びに行った時は、狩った鹿の足が地下室の天井からぶら下がっていたり、イノシシの剥いだ皮が玄関に飾られていたりと色々ショックを受けました。

今回行った時もまたショックを受けました。

狩猟仲間から買ったイノシシ一頭を家に運ぶところを目の当たりにしたからです。笑

イノシシの姿や毛並みの一本一本を間近で見たのは初めてで、今にも動きそうで怖かったです。

 

下に写真を貼ります。

 

 

f:id:yoshyosh03:20171228092205j:plain

 

 

 

ということで、初めてドイツでクリスマスを過ごしましたが、楽しい経験ができ良かったです。

 

また年内に投稿するかもしれませんが、、、

皆さん良いお年をお迎えください^_^

 

 

いつも読んでくださりありがとうございます!

 

 

謙遜について



こんにちは。

お久しぶりです。

今回は「謙遜」について書こうと思います。



ドイツ語学校の先生が、ドイツ人は何に対しても「なぜ?」という疑問を持っていると言っていました。

授業でも、何か発言すると必ず「Warum?(なぜ?」と聞かれます。

そのおかげで、少しずつですが私も「なんで?」という疑問を持って生活するようになってきました。


ドイツで暮らしていると、日本の文化が客観的に見えてきます。そして、その文化について「なぜそのような文化になったんだろう?」「なぜドイツは日本と違った文化を持つのだろう?」など色々な疑問が生まれてきます。

最近はそういった疑問に対して、仮説というか、自分なりの意見を考えることが好きです。




この間、クラスの友達から「いつも違う服を着ているね。それにスタイリッシュだよ。」というようなことを言われたとき、咄嗟に「いやそんなことないよ。それに私そんなに服は持ってないよ。」と謙遜して返事をしました。

また、ある時は他のクラスメイトに会話の流れで「痩せているから相撲なんてできないよ」と言われたときには、

「いやそんなことないよ。私の彼氏はよく太ったって私に言うよ」とまた謙遜して返事をしました。


私自身、自然と謙遜する姿勢があるのですが、ふと「どうして謙遜するのだろう?」と疑問に思いました。


以下は私なりの意見です。


昔、日本の気候は多雨でそのせい農業をする人々にとってとても困難だっため、村の人々と助け合って知恵を出し合って生活をしていたと言います。その際、自分の意見を言うのではなく村としての意見が大切にされました。

この集団意識が強い中では自分の意見を言うことは好まれませんでした。「出る杭は打たれる」という言葉があるように、集団の中でいかに目立たないように生きるかというのが重要だったのではないかと思います。

そういったコミュニティの中で謙遜する文化が生まれるのは当たり前だったと考えられます。



また、第1次世界大戦と第2次世界大戦においても、みんなで一致団結して敵国と戦うことを強いられました。

第2次大戦中に始まったラジオ体操も、政府が国民の生活リズムを統一させるための思惑があったにも関わらず、現在も続いているということに恐ろしさを感じます笑



謙遜の文化は集団主義社会の中で生まれたと考えられます。



一方、ドイツの農業は家族経営が大半を占めていたそうです。

このことから、日本よりも他人に気を使うということがなく、個人主義社会に繋がり、謙遜もそこまでしないのではないかと思います。



ということで、ドイツにいるときは謙遜しすぎず、褒められたら素直に感謝するなどして、少しでも今とは違う返し方をしたいです。






博物館とドイツ料理

 

こんにちは!

 

ミュニケーション博物館

先日語学学校のクラスメイトと、コミュニケーション博物館へ行きました。

ドイツ語はアルファベットをそのまま発音することが多いので、コミュニカツィオン ムージゥム(Komunikation Museum)のように発音します。ドイツ語は発音に関しては、英語よりもとっつきやすいかなぁと思います。

 

このミュージアムではコミュニケーションに必要な物(電話や文字の進化など)が展示してあり、とても興味深かったです。一見コミュニケーションとは関係がなさそうな切手、車、テレビ、音楽なども展示されており、よく考えればこれらはコミュニケーションツールではないけれど、人とコミュニケーションを取るときに必要なものだと実感しました。

 

f:id:yoshyosh03:20171123082132j:plain

このブースは特設展示で、ドイツで流行った音楽を時代・ジャンル別に聴くことができます。

 

 

 個人的にテンションが上がったのが、ロゼッタ・ストーンのレプリカです。

1つの大きな石にほぼ同じ文章が、古代エジプト語の神聖文字・民衆文字、ギリシャ文字の3種類で書かれてあり、人間の伝達能力と、文字を解読する能力に興奮しました。

また、母国語がギリシャ語のクラスメイトが、ギリシャ文字の部分を読んで説明してくれたことも驚きでした。

 

 

この博物館はマイン川より南の川沿いにあり、最寄駅はUバーンのSchwalzer Platzです。

※フランクフルトでは、マイン川より北をFrankfurt Nordと言い、それより南をFrankfurt Südというそうです。

この博物館の並びには他にも、シュテーデル美術館や、ドイツ映画博物館、ドイツ建築博物館などなどドイツの芸術や文化に触れる良い場所がたくさんあるみたいです!

 

 勧めの料理店

 コミュニケーション博物館から歩いて約10分のところの、Apfelwein Wagnerというドイツ料理店で、ドイツ料理はもちろんフランクフルトで有名なリンゴのワインや、フランクフルト料理も食べられます。

私はフランクフルト料理で独特な味のするHandkaese mit Musikというチーズと、スペアリブを食べました。チーズは正直口には合いませんでしたが、スペアリブはとても柔らかくておいしかったです。

このお店はとても混んでいて、私が食べに行ったときは金曜日ということもあり、待っている人の列ができていました。

8人からしか予約できませんが、基本的には並ばずすぐに案内できるそうです。もし待ちたくないならば、開店直後に行くことをお勧めします!

 

イン川より南側

マイン川より南側のFrankfurt Südは数年前までは治安が悪かったそうですが、ここ数年で新しいお店ができてきて、治安も随分良くなったそうです。

コミュニケーション博物館から、Apfelwein Wagnerに行くときに通ったシュバイツァー通りにはお洒落な文房具屋さんや、ビオマーケットや、フランスのパン屋さんなど歩くだけで楽しかったです。

 

 

もしフランクフルトに来る機会があったら、是非行ってみてください^^