ドイツでの生活

ワーホリを利用してドイツに来ました。1年間のドイツ生活について書いていきます。

なぜにドイツ?

 

 

初めまして。

 

わたしがドイツに到着してから、6日が経とうとしています。

 

日本に帰りたい・・・と思うこともありました。(はや)

 

朝起きてから寝るまで周りの人はドイツ語を話し、

私はドイツ語が分からないので英語で周りの人と話しています。

2、3日目あたりはその環境に慣れなくて、なんでドイツに来ちゃったんだろうと悩みました。

今はもう落ち着きを取り戻しましたが。

 

 

さて、友人や会社の人にまず聞かれたのが「なんでドイツなの?」ということです。

 

理由はいくつかありますが、箇条書きにすると・・・

 

①ドイツ人の彼氏がいる

②ドイツの働き方に憧れた

③ドイツの教育に興味があった

④音楽で有名な国のオーケストラを鑑賞したい

 

1つ目に挙げた、①ドイツ人の彼氏がいるですが、

そう遠くない将来、結婚するにあたりお互いの国を知った上でどこに住むかを決めようという話になりました。

そんな彼は2年半日本で生活をしてたので、次は私がドイツがどんな国なのかを見てくることになりました。

 

ちなみに今彼氏もドイツにいて一緒に暮らしています。

  

 

②ドイツの働き方に憧れた

多くのドイツ人の仕事に対する考え方は、「生活する為に仕事をする」です。

一方日本は、考え方はドイツ人と同じでも、休暇が少なかったり、労働時間が長かったりして結果的に「仕事をするために生活する」ことが多い気がします。

 

かくいう私も、平日は仕事から帰ると夜ご飯を食べてお風呂に入って寝る、だけの生活をしていました。

 

しかし、ドイツは違います。

ある会社で働くドイツ人によると、1日の勤務は6-14時の8時間で1年の休暇は30日。

さらに、1日7.5時間しか働かなくてよいのに30分多く働いているので、年間15日+で休みがとれるそう。

日本でそれだけ休みを取るのは難しいですよね。

 

だから、ドイツで働いたら、暮らしたら、幸せになれるのではないかと考えたのです。

 

 

よし・・・・

 

 ③④については、また後日話します。

 

 

それでは失礼します。